毛穴の開き 治療方法

毛穴の開きを治療したいと思った場合どのような治療方法があるのか?

毛穴の開きの原因として皮脂の過剰分泌で毛穴に汚れや角質が溜まって酸化して
黒ずみを起こしてしまうこと、加齢による肌のたるみで毛穴を広げてしまうことなどが挙げられます。
毛穴の開き状態によって治療を受けることができます。
そこで、毛穴の開きを改善したい場合、どのような治療方法があるのかを調べてみました。

 

 

1つ目の治療方法として「ケミカルピーリング」が挙げられます。
皮膚の表面に薬剤を塗って、皮膚の上に溜まった古い角質や毛穴に詰まった汚れを溶かして除去する治療方法です。
古い角質や汚れを取ることで肌代謝を正常化し、毛穴の開きを改善します。

 

 

2つ目の治療方法として「レーザー治療」が挙げられます。
レーザーの照射力を利用して肌の真皮層にあるコラーゲンに刺激を与えて、ハリのある肌に導くことで
毛穴を引き締めて、開いた毛穴を改善します。
皮脂の過剰分泌が原因で押し広げられて開いてしまった毛穴に効果的です。
また、フラクショナルレーザーを照射して皮膚に細かい穴を多数開けて、
毛穴の開きによってコラーゲンが減ってしまった肌を再生させ
、コラーゲンの再構築を促すことで毛穴の開きを治療する方法もあります。

 

 

3つ目の治療方法は「高周波治療法」です。
加齢などが原因で肌がたるんでしまったことで毛穴が開き、それが連結して帯状になってしまった場合におススメの治療方法です。
高周波の1つラジオ派を肌の深部まで届けて、コラーゲンや肌線維の組織を加熱しながら収縮させる方法です。
このラジオ派は肌のさまざまな方向に作用することで効果的に肌を引き締めて、
たるみによって引き起こされた毛穴の開きを引き締めます。

 

 

毛穴の開きを治療する場合には上記の3つの方法が挙げられますが、
これらの方法は自由診療となるので保険が効かないことを知っておきます。
保険が効かない自由診療の場合は治療費が高くなってしまうことがありますので、
治療方針や料金体系などを丁寧に説明してくれる医療機関を選ぶことをおススメします。

 

また、ケミカルーピーリングやレーザー治療、高周波治療は医療機関によって使われる機器や薬剤が違うので、
治療を受ける医療機関やクリニックで説明を受けて治療を受けることが大切です。